« 誰かに頼んでいるのでしょうが | メイン | 酸味のあるコーヒー »

観光客じゃない場合

日本にいる外国人で、観光客ではなくちゃんと住んでいる人、なら、少しは日本語を学ぶべきだと思っています。
英語圏の人は特に日本語を(日本語に限らず)学ぼうとしませんね。
周りが英語をはなしてくれるから、だけど、そんな甘えを許してしまうからいけないのだ。
日本人が外国に行く時にネックになるのが英語だったりします。
だから必死に勉強する、しない人は通訳をつけるとかね。
観光ガイドを付けるとかもあり。
でも、基本的になんらかの理由で日本に住むのならその人は便k等すべきだし、我々も外国に行く時はそこの「おはよう」「ありがとう」くyらいは覚えましょうよ。

その時限りで忘れてしまうかもですけどね。
それでもいいと」思うのです¥。
何もせず「俺は外国人」っていうのがおかしいのだ。

そういう風潮が出来たら、外国人も日本語を学び、よりいっそう日本に親しみが持てるようになるはず。
日本人は優しいしマナーもいいので、もっと好きになってくれるはず。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nhcfsf.org/mt3/mt-tb.cgi/85

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2020年08月01日 15:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「誰かに頼んでいるのでしょうが」です。

次の投稿は「酸味のあるコーヒー」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38